ドメイン使用権限の確認

ドメイン使用権限の確認

 

FujiSSLのオンライン認証システムでは、以下のいずれかの方法にてドメインの所有者確認を行っています。

  • メール認証
  • ファイル認証

メール認証

お客様が申請時に選択する「承認確認メール送信先」宛てに自動送信された承認確認メールの到達と、そのメールを受領された承認者様による承認操作をもって証明書を自動発行します。
申請受付後、承認確認メールが自動送信され、承認処理が完了すると証明書が技術担当者の登録メールアドレス宛に通知されます。
「承認確認メール送信先」として選択可能なメールアドレスは、以下のうちいずれか1つとなります。お客様自身で任意の送信先を指定することはできません。

<規定ホスト名> + @ 申請コモンネーム(またはドメイン名)宛て

申請コモンネーム(またはドメイン名)の前に既定のホスト名を追加したメールアドレスのうちいずれかを送信先に選択可能です。
(規定ホスト名:admin@ administrator@ hostmaster@ webmaster@ postmaster@)

例:申請コモンネーム(www.fujissl.jp)の場合 選択可能な送信先
admin@fujissl.jp admin@www.fujissl.jp
administrator@fujissl.jp administrator@www.fujissl.jp
hostmaster@fujissl.jp hostmaster@www.fujissl.jp
webmaster@fujissl.jp webmaster@www.fujissl.jp
postmaster@fujissl.jp postmaster@www.fujissl.jp
WHOIS掲載のメールアドレス宛て

申請コモンネーム内のドメイン名をWHOISで検索した際、「登録担当者」や「技術連絡担当者」などのEメールアドレスとして登録されているメールアドレスを送信先に選択可能です。
※WHOIS情報をプロテクトにより非表示にしている場合、指定する事ができません。申請前にプロテクトの解除をお願いします。
※申請してから「承認確認メール」が送信されるまでの間、選択したWHOIS掲載のEメールアドレスを変更しないでください。

ファイル認証

申請受付け後、システムが自動生成した認証用ファイルの情報が技術担当者様のEメールアドレス宛てに自動送信されします。
受信されたEメールの案内に沿って、申請コモンネームのサイト配下に認証用ファイルをアップロードしてください。
指定ファイルが指定のサイトに正しくアップロードされていることを、FujiSSLのシステムが定期的に自動確認(クローリング)します。
ファイルの確認が完了すると、証明書が技術担当者の登録メールアドレス宛に通知されます。
※IP制限やBasic認証、リダイレクト等の制限を掛けている場合は証明書発行までに間、制限を解除してください。

例:申請コモンネーム(www.fujissl.jp)、認証ファイル名(xxxx.htm)の場合
右記のいずれかでアクセス https://www.fujissl.jp/xxxx.htm
https://www.fujissl.jp/xxxx.htm