EV証明書ならFujiSSL EV Secure Site

EV証明書

FujiSSL EV Secure Siteは、EV認証(Extend Validation)タイプの証明書になり、ドメインの利用権と、ドメインを所有されている企業の法的実在性や、定款等の書類提出による審査の組織の法的実在性をより明確に証明します。証明書のプロパティにはドメインを所有されている企業名、部署名、市区町村が記載されます。

個人情報を取り扱うWEBサイト、ログインが必要なWEBサイトを保護するのに最適です。

  • EV認証
  • アドレスバーに組織名表示
  • 国産ブランド
  • ブラウザ対応率99.9%以上
  • 再発行無償
  • 7日間返金保障
  • 簡単お申込み
  • 256bit暗号化

価格表

シングルタイプ
年数 新規価格 更新価格 乗換価格
1 年 15,000円
(税込 16,500円)
15,000円
(税込 16,500円)
15,000円
(税込 16,500円)

※キャンペーン価格はコモンネーム毎に初回のお申込みのみ適用となります。
※申請組織が同じでもコモンネームが異なればキャンペーン価格でお申込み頂けます。

マルチドメインタイプ
年数 新規価格 更新価格 乗換価格
1 年 42,000円
(税込 46,200円)
42,000円
(税込 46,200円)
42,000円
(税込 46,200円)

※コモンネーム(プライマリFQDN)+ SANs× 2FQDNまで上記金額にてお申込み頂けます。

ドメイン追加費用
年数 価格
1 年 14,000円 (税込 15,400円) / 1ドメイン

※お申込みするFQDNの合計が3つを超える場合、追加ドメイン費用が発生します。

東京海上日動火災のデータ復元保険が自動付帯

FujiSSL EV SSLを発行いただきますとデータ復元保険が自動的に付保されます。
WEBシステム納品後も定期更新やメンテナンス等を請け負い、長いスパンでお客様と関わっていく方に選ばれています。保険の付保のタイミングは他社製品からの乗換の場合他社証明書の重複期間終了日の翌日からとなりますのでご注意ください。
*2020年11月2日以降にお申込みのFujiSSL EV SSLが保険の対象となります。
*マルチドメイン証明書は保険対象外です。

引受保険会社 東京海上日動火災保険株式会社
契約者 株式会社ニジモ
被保険者 エンドユーザ様
保険責任期間開始日 SSLサーバ証明書発行日(他社からの乗換に関しては他社証明書の重複期間終了日の翌日)
保険責任期間 1年
補償内容 インターネットに接続するサーバ(日本国内に限る)に記録されたアプリケーションや、個人情報または電子データが、サイバー攻撃等の不正アクセスにより損害を受けた場合、情報の修復、再制作、再取得に要した費用をお支払い。
FujiSSL EV SSL 最大10万円

グリーンアドレスバー表示

信頼性の高いEV証明書

SSL/TLSサーバ証明書には、DV(Domain Validation)、OV(Organization Validation)、EV(Extended Validation)の3種類があります。DVは、ドメインのみを認証して発行された証明書で、サイトの運営企業の実在性認証がないので、OVやEVと比較して信頼性は低いということになります。フィッシングサイトはDVを利用することがよく知られています。OVはドメイン認証に加え、運営している企業や組織が実在していることを確認したうえで発行された証明書です。EVは、OVよりさらに厳格な審査基準にしたがって公的文書などの確認を行うことで企業の法的実在を確認して発行される証明書です。

ECC(楕円暗号化曲線)に対応

FujiSSL EV Secure Siteは従来のRSAに加えECC(楕円暗号化曲線)にも対応しています。

ECC(楕円暗号化曲線)でサーバパフォーマンスが向上

ECC鍵は鍵長が短いため、サーバーとクライアントのハンドシェイク過程でのデータ転送量が少なくなります。ECC証明書が要求するCPUとメモリーの能力も低いため、ネットワークパフォーマンスが向上し、大規模なサイトでは大きな効果が生まれる可能性があります。

ECC証明書の注文方法

ECC証明書の発行を希望する場合は、ECCで作成したCSRを貼り付けてください。

組織名に日本語表記を選択可

組織名は日本語か英語の選択が可能です。

証明書のプロパティ

多彩なドメイン認証

企業認証SSLではドメインの使用権確認を行う必要があります。
FujiSSL Business Secure Siteは以下の3種類の認証方式を採用しています。

1. ファイル認証・・・WEBサイトを公開している方向け
2. メール認証・・・WEBサイトを公開していない方向け
3. DNS認証・・・1と2の認証ができない方向け

事前準備

書類提出原則不要

2020年3月19日より定款、印鑑証明のご用意は不要となりました。

DUNS登録情報の確認

申請する組織のDUNS番号を確認し、DUNSに登録されている組織情報に誤りがないか事前に確認を行ってください。
組織の実在確認の審査にはDUNSの登録確認を行い、お申込み時にご指定する以下の組織情報が審査の対象となります。

  • ・組織名(英文表記)
  • ・所在地
  • ・電話番号

 
詳しくは、以下の「申請組織情報とDUNS番号の確認について」をご確認ください。
関連リンク:申請組織情報とDUNS番号の確認について