コードサイニング証明書

コードサイニング証明書とは

コードサイニング証明書は、ソフトウェアに配布元の署名を行う電子証明書です。

ソフトウェアの配布元を認証し、なりすましやソフトウェアの内容が改ざんされていない事を保証します。 これによりユーザの手元へ安全にソフトウェアを届ける事ができます。

価格表

企業認証

年数 新規価格 更新価格
1年 10,000円
(税込 11,000円)
10,000円
(税込 11,000円)

EV認証

※キャンペーン価格
年数 新規価格 更新価格
1年 31,800円
(税込 34,980円)
31,800円
(税込 34,980円)

署名のないソフトウェアのリスク

電子署名がされていないソフトウェアは、プログラムの改ざんや、配布元のなりすましの危険性が潜んでいます。

仕込まれた改ざん済みのソフトウェアや、正規の配布元になりすました偽物のソフトウェアを再配布する被害が後を絶ちません。 また、正規のソフトウェアか確認できない場合、ユーザはダウンロード時やプログラム実行時に表示される警告メッセージに警戒する為、ソフトウェアの信頼性が大きく損なわれます。

コードサイニング証明書の役割

なりすまし防止
正規配布元になりすました偽物のソフトウェアの配布によって企業イメージがダウンするのを防ぎます。


改ざんソフトウェアの被害防止
マルウェア・ウィルスなどが仕込まれた改ざんソフトウェアが再配布されるのを防ぎます。


正規の配布元を証明
正規の配布元である証明により、ソフトウェアのインストール率・ダウンロード率増加に結びつけるだけでなく 企業イメージを上げる事ができます


機能一覧

OVコードサイニング証明書 EVコードサイニング証明書
MS署名ツール 対応 対応
VBA 対応 対応
ADOBE AIR 対応 対応
スマートスクリーン 所定のダウンロード数を満たした後に解除 即時解除
発行先 登記された法人のみ 登記された法人のみ
署名回数 無制限 無制限

お申込み