よくある質問

FujiSSLは、どのような階層構造の証明書でしょうか

2016年09月14日

FujiSSLは、3階層または4階層の構造で有効性を検証する証明書です。

SSL接続の際、ブラウザは下層から順に証明書をたどり、最上位のルート証明書までを確認してSSLサーバ証明書を検証しています。

3階層の場合

fujissl-hierarchy001

・SECOM Trust Systems Co Ltd.(ルート証明書:ブラウザにあらかじめ組み込まれています)
・FujiSSL Public Certification Authority – G1(中間CA証明書:サーバ側に設定します)
・www.fujissl.jp(お客様のサーバ証明書:サーバ側に設定します)

4階層の場合

fujissl-hierarchy002

・SECOM Trust Systems Co Ltd.(ルート証明書:ブラウザにあらかじめ組み込まれています)
・Security Communication RootCA2.(中間CA証明書:サーバ側に設定します)
・FujiSSL Public Certification Authority – G1(中間CA証明書:サーバ側に設定します)
・www.fujissl.jp(お客様のサーバ証明書:サーバ側に設定します)

ルートCA証明書

ルートCA証明書は、Webブラウザからサーバに接続する際、SSLサーバ証明書の階層構造を検証するために、Webブラウザ側に必要な証明書です。
ルートCA証明書は、主要なブラウザにあらかじめ設定されていますので、ブラウザ側では特に意識することなく、SSLサーバ証明書を使用したサーバにSSL接続することができます。
また、各社携帯端末にもあらかじめ設定されていますので、これらの携帯端末からもSSLサーバ証明書を使用したサーバにSSL接続が可能です。

携帯電話・フューチャーフォン・ガラケー対応状況

スマートフォン対応状況

対応ブラウザ・サーバ

中間CA証明書

中間CA証明書は、SSLサーバ証明書を直接発行しているCAの証明書です。
この証明書は、ブラウザや携帯電話からサーバにSSL接続する際、SSLサーバ証明書の階層構造を検証するために必要な証明書です。
サーバ側に設定します。

サーバ証明書

お客様のサーバの実在性を証明し、SSL暗号化通信を可能にします。

  • FujiSSLのウェブサイトには、FujiSSLのサーバ証明書を設定しています。接続テストなどにご利用ください。