お知らせ

証明書有効期間に関する重要なお知らせ

2020年07月17日

平素より、弊社認証サービスをご利用いただきましてありがとうございます。

このたびApple社では、2020年9月1日以降に発行する証明書において、
サーバ証明書の有効期間を最大825日から398日(13か月)へ変更するとの発表があり、
またGoogle社およびMozilla社でも398日に有効期間を短縮する発表がありました。

これにより、2020年9月1日以降に発行する証明書が398日以上の有効期間である場合、
警告が表示される、または接続ができなくなると予想されます。

上記の発表に伴い、弊社では8月17日より2年のお申し込みを終了とさせて頂くと共に
発行可能な証明書の最大有効期間は以下とさせていただきます。

   最大有効期間:396日

証明書の更新について 

これまで証明書の更新期間が有効期限の90日前より行う事で有効残存期間が更新後の
新しい証明書に追加されておりましたが、証明書の最大有効期間変更より証明書の更新
期間は以下となります。

   有効期限の30日前から有効期限まで

上記更新期間外で更新でのお申し込みはできませんので、ご注意ください。

申込中の発行が完了していない証明書について

8月17日より発行が完了していないご注文はキャンセルとなります。

自動更新ツールのご案内

証明書の有効期限は今後更に短縮されるものと思われます。

そこでFujiSSLでは『お客様のWEBサーバ』と『認証局のシステム』をAPI連携し面倒なSSLサーバ証明書の申請からインストールまでを完全に自動化するためのシステム「FujiSSL GO」を提供開始いたしました。DVのみならずOV、EVも自動更新に対応しております。初期費用は0円、年間1,500円からご利用いただけます。

⇒FujiSSL GO

よく読まれている質問