よくある質問

FujiSSLとFujiSSLプレミアム ビヨンドの違いはなんですか?

2018年10月12日

FujiSSLプレミアム ビヨンドは、FujiSSLにカード業界で採用されている厳格なセキュリティ基準PCI DSSに準拠した診断機能を付帯した商品になります。
 
PCI DSS とは

比較表

FujiSSL FujiSSLプレミアム ビヨンド
暗号化強度 256bit 256bit
脆弱性診断 PCIDSS準拠した診断 なし あり
診断レポート なし あり
差分レポート なし あり
結果に応じた対応マニュアル なし あり
料金 シングル:1,080円(1年)
ワイルドカード:20,000円(1年)
シングル:75,600円(1年)
  • ※FujiSSLプレミアムビヨンドの証明書はシングルタイプの商品になり、ワイルドカードの機能はありません。
  • ※PCIDSSに準拠した診断は証明書発行から7日経過後にご利用頂けます。

セキュリティ診断について

FujiSSLプレミアム ビヨンド セキュリティ診断は、グローバルIPを持つサーバやネットワーク機器の脆弱性を診断するサービスです。クラウド環境からWEBサイトやルータなどのネットワーク機器をスキャンし、セキュリティホールを突き止め、対策のための情報を提供します。

検査項目は56,000以上あり、幅広いOS、ファームウェア、アプリケーションをカバーしております。ソリューションベースレポート、差分レポートなどレポート機能も充実しております。ハードウェアやソフトウェア導入の必要がない、完全自動のクラウド型診断をいたします。

セキュリティ診断の必要性

FujiSSLプレミアムビヨンドはハッキング攻撃や情報漏洩の足掛かりとなるようなシステムの脆弱性の有無を診断します。診断によって現在のセキュリティレベルを知ることで初めて適切な投資が可能になります。セキュリティ診断は、安全性を高めるにはまず何をするべきか、何をする必要がないか、知るためのソリューションです。

アウトソースすることのメリット

セキュリティ診断は社内リソースで対応することも可能です。しかし、最新の脆弱性情報を収集・蓄積し、テスト方法を確立し、テストを手動で行い、報告書にまとめるコストは膨大なものです。専門のシステムが行うことで、コスト削減と、第三者による客観的な診断が可能になります。

PCI DSS準拠のセキュリティ診断サービス

診断はカード業界で採用されている厳格なセキュリティ基準PCI DSSに準拠するものです。ネットワーク診断は毎年更新が必要なASV資格と同じ品質を担保しています。

よく読まれている質問